ガードプレート

ドアの「こじ開け」を防止

空き巣被害の怖いところは、しっかりと鍵を閉めていても、それをこじ開けて侵入されてしまうことがあるということ。
空き巣の手口としてよくあるものとして、ドアとドアの枠の隙間に細長い工具を差し込み、そこから鍵を破壊するというものがあります。

また、古くからあるピッキングの手法である「サムターン回し」は、鍵を壊すのではなく、室内から鍵を閉じる時に使うツマミの部分を針金状の工具をドアの隙間から差し込んで回すもの。
これもまた、ドアに隙間があり、そこから工具をさしこむことが可能であるために起きている問題と言えるでしょう。

それを防止するための防犯アイテムが、「ガードプレート」というもの。
ガードプレートとは、その名前のとおり、ドアをガードするためのプレート状の道具。
これをドアとドアの枠の隙間に取り付けることで、ドアの隙間を埋め、工具などを差し込まれないようにすることができるのです。

また、ドアのロックでは、鍵を閉めたときに鍵の本体から円柱状の棒が飛び出して、それによってドアが固定されます。
これを操作することでドアを解錠する手法も存在するため、この部分を覆い隠すことのできるガードプレートはとても有効なのです。

実際に買う際は

ガードプレートには、いくつかの形状やサイズのものがあります。
できるなら、できるだけ大きなサイズのもののほうが安全性は高くなるでしょう。
また、ドアのメーカーやサイズによっても利用できるプレートは異なりますから、ガードプレートを購入する時には、あらかじめドアのメーカーや型番をしっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

また、ガードプレートを購入する時には、強度もチェックする必要があります。
せっかくガードプレートを取り付けても、それが簡単に壊すことのできるような弱いものであれば、防犯の効果は低くなってしまいます。

もっとも、実際の強度があまりなくてもガードプレートを取り付けているというだけで、防犯対策としてのアピール効果はある程度あるかもしれません。
とはいえ、やはりせっかく防犯対策をするのであれば、きちんと効果のあるものにしたいところ。
そのため、ガードプレートの強度というのはとても大切なのです。

そのほかにも、ドアを傷つけずに取り付けることができるかどうかという点や、見た目のデザインなどの美しさも考慮するとよいかもしれませんね。

GRhou7uK