実は同じ鍵をふたつつけてもいい

開けにくい鍵をふたつ付ける

PPW_kiiroikabetonankinjyou-thumb-815xauto-13164
これは意外に知られていない、防犯対策の盲点。
玄関の鍵は「いくら二つ鍵をつけていても、同じ鍵が二つついているのでは意味がない」と思われる人も多いでしょう。
同じ鍵穴だと、一本の鍵でふたつとも開けられてしまう為、「それじゃ意味がない、すぐに二つとも開けられてしまう」と考えてしまいがち。
だけど、これが盲点なのです。

「世の中の鍵屋さんって本当に凄い!」と思わせてしまう事実なのですが、実は「あけにくい鍵」というものが存在しており、これをつければ高い確率で泥棒を防ぐことができるそうです。
例えば、MIWAという企業が出している「シリンダー」というシリーズの鍵は、「差し込みがしにくい」「鍵のどちらが表なのかわからず、迷ってしまう」というj特徴がある模様。
この「使いにくい理由」はもう解りますよね。
泥棒が、家に入るのに時間がかかるということです。
このシリーズは、「ピッキングに強い!」として活躍しているそうで、こういう鍵を二つつけるというのは高い防犯対策になるはず。

専門家によると、玄関に二つついている鍵がどちらも同じものであるというのはわりとあることなのだそうです。
鍵を別々にしてしまうと、それこそ「鍵を片方無くしてしまったら、家に入ることができない」という問題点も出てきます。
その度に不動産屋を呼ぶのは面倒ですよね。
だけど、ピッキングがしにくい鍵をふたつつけていれば、同じ鍵でも開けにくいので、泥棒が入りにくくなるという仕組みです。
鍵を二つつけるというのはとても有効な防犯対策になりますので、できれば玄関に二つつけておきましょう。
それを見るだけでも牽制になるというメリットもあります。

賃貸の一戸建ての場合は、勝手に自宅を改造することはできませんので、家主や管理会社に相談の上、「鍵を一部付け替えてもいいか」について聞いてみると良いでしょう。
古い物件だと、中の壁紙を変えたり、ペットを飼ったり、割と自由が利くところも多いもの。
鍵を二つつけたいと申し出れば、OKが出る可能性も高いです。取り付け方はこちらの記事も参考になります
「鍵を増やして防犯対策をしたい」という場合は、一度電話相談などをしてみるといいでしょう。

窓にも二重に付けよう

それから、窓に二重の鍵をつけておくのも有効です。
何と言っても、一戸建てへの侵入は圧倒的に「窓」が多い。
つまり、玄関よりも窓のセキュリティを強化しておく必要があるという事ですね。
窓を割って侵入しようとしても、鍵が二つついていればはずすのに時間がかかります。
ガラスも、侵入されやすい箇所は強化ガラスにして「割れ難いようにしておく」などの工夫をしておくと、高い確率で侵入を防ぐことができます。
地味な工夫だと思われますが、防犯対策というのは目立てばいいというものではありません。
防犯カメラをひとつ置けば、高い確率で泥棒を防ぐことはできるでしょう。
でも、それだけでなく、いくつかの方法を重ねて使うことも大切なのではないいでしょうか。
実際、防犯対策をしっかりしている家では二重三重の防犯対策をしています。

万が一鍵をなくしてしまった場合はやはり信頼出来る企業が頼りになります。
「鍵がない!」と思ったら、相談してみて下さいね。

GRhou7uK