ドアモニター

インターホンの防犯

玄関のインターフォンが鳴ったとき、相手を確認してからドアを開けることは、防犯対策の基本中の基本といえるでしょう。
最近の新築の家などには、玄関先の映像がモニターに映し出されるタイプのモニター付きインターフォンが設置されることが多いですが、古い住宅の場合、おそらくそのようなものはついていないでしょう。

できれば新築住宅で使われているようなモニター付きのインターフォンに交換したい・・・と思っても、大がかりな工事をするような予算も時間もないし、とりあえずなくても困らないものだから・・・と先延ばしになっている家庭は多いかもしれません。

しかし、そのような家でも簡単に使える防犯アイテムがあるんですよ。
簡単に取り付けることができ、モニター付きインターフォンと同じくらいの性能があるドアモニターは、旧式インターフォンを使っている住宅に取り付けるには最適のアイテム。

インターフォンの設置というと、配線工事などが必要になりそうなイメージですが、このドアモニターは電池で作動して、モニターと本体は無線接続されているので、そういった工事はまったく必要ないのです。

これを取り付けていれば、インターフォンが鳴ったときはモニターのスイッチを入れて外の様子を確認することができるのです。

他にも便利な機能が

これだけでも十分に便利ですが、さらに多くの機能がついたものもありますよ。
そのままドアモニターを使って通話をしたり、モニターの画像を録画することのできるタイプならば、すぐにはインターフォンに対応できないような場合にも便利ですし、防犯カメラ代わりのような使い方をすることも可能ですよね。

また、室内に設置する端末の方は取り外して持ち運ぶことが可能。
そのため、家の中のどこにいても玄関先の様子を確認することができ、インターフォンに対応できるのです。

ただし、すべての玄関のドアに取り付けが可能とは限らないので注意が必要です。
取り付け可能なドアの厚みや構造、ドアの周囲との空間などが決まっているので、あらかじめ確認してから購入することをおすすめします。
購入してからサイズが合わなくて取り付けできない・・・なんていうことになったらもったいないですからね。
比較的手頃な値段で買うことができて、取り付けも簡単なドアモニター。
手軽な防犯対策として、取り入れる価値は十分にあるのではないでしょうか。

GRhou7uK