定番の防犯フィルム

窓ガラスの防犯

防犯対策にはさまざまな方法がありますが、それは、それぞれ対策をおこなう場所が異なります。
たとえば、玄関の鍵に対しておこなうものや、窓の鍵に対するもの、自宅の庭への侵入を防ぐものなどは、どれか一つを実施するのではなく、複数の対策を併用することではじめて、大きな効果が期待できるのです。

そんな防犯対策の一つに、ガラスを破って家の中に侵入することを防ぐための対策があります。
いくら鍵を強固なものにしても、ガラスを割られてしまったら何も意味がありません。
そのため、ガラスは簡単には壊れないような強固なものにしておく必要があります。

ガラスの強化というと、ガラス窓の中に細い針金の網が入った「網入りガラス」がまず思い浮かぶかもしれませんが、じつは、このタイプのガラスには、防犯力にあまりつながらないタイプも多いのが現実です。

とはいえ、自分の家のガラスがどの程度の防犯力を持っているかなんて、調べるすべがありません。
まさか、実際に「割ってみる」わけにも行かないですもんね。

防犯フィルムを利用しよう

そのような場合には、ガラスの表面に防犯用のフィルムを貼ることで窓の防犯力を高めることができるんですよ。
防犯用のフィルムは、窓ガラスにはることで、ガラスが簡単には割れなくなるというもの。
これを貼れば、窓を割って室内に侵入することが困難になります。

空き巣というのは、侵入に時間のかかる家を狙うことは避けようとする傾向があります。
侵入に時間がかかれば、そのぶん誰かに見つかるリスクも高くなるからです。

つまり、防犯フィルムなどを使って侵入しづらい環境を作ることで、空き巣被害を防ぎやすくなるのです。
このときに大切なのが、防犯フィルムの選び方といえるでしょう。

部分的にフィルムを貼るよりも、ガラス全体にフィルムを貼るほうが、効果は大きくなります。
また、フィルムの厚みについても注意が必要になるかもしれません。

ガラスの表面が平らでないケースでも対応しているフィルムがある場合も多いので、あきらめずに探すことが大切ですよ。

防犯フィルムをガラスに貼っていると、それは屋外からも分かります。
つまり、それだけで「防犯に対する意識が高い」というアピールとなり、それだけで空き巣被害を防ぐことができる可能性が高いのです。

GRhou7uK