人感ライト・チャイム

空き巣が入りにくい環境作り

防犯対策で大切なのは、泥棒や空き巣が侵入しづらい雰囲気を作り出すこと。
泥棒や空き巣がなによりも嫌うのは、侵入しようとしているところを誰かに見られること。

たとえ他人の家の玄関先であっても、明らかに不審な人間が玄関先にいたら、それを見かけた近所の人は警察に通報するかもしれません。
とくに玄関の鍵の部分や、窓ガラスなどをいじっていれば、それが泥棒や空き巣であるということはすぐに分かってしまうでしょう。

そこを上手に活用して、いかに不審者が近づいたときにそれを目立たせるか、ということに主眼をおいて防犯対策をことが有効になるのです。

人感ライトとは

不審者が近づいた時にそれを目立たせることのできる防犯対策として、「人感ライト」を設置するという方法があります。
人感ライトというのは、人の動きを察知するセンサーが付属したライトで、センサーが作動すると自動的にライトがつくというもの。
玄関先にこのライトを設置しておくと、侵入目的の泥棒や空き巣が近づいた時にぱっと明かりがつき、それが不審者への威力となるのです。

この人感ライトは、防犯対策だけでなく、家の住人が帰宅した時に、カバンの中から鍵を探し出したり、鍵穴に鍵を差し込んだりといったことをスムーズにする効果もあり、利便性も高いのです。

人感チャイムとは

また、これとよく似たようなアイテムとして、「人感チャイム」というグッズもあります。
こちらも、人感ライトと同様にセンサーで人の動きを感知しますが、その時にライトが付くのではなく、チャイムがなるのです。

これをつけておけば、玄関先に誰かがくればすぐにチャイムが鳴り、家の中からもそのことが分かります。
訪問者でもない人が家の玄関先をうろついていれば、それは空き巣や泥棒が侵入のための下見に訪れているのかもしれません。

つまり、人感チャイムをつけておくことで、被害にあう前に危険を察知することができるようになるのです。

また、これらの人感ライトと人感チャイムがセットになった製品も売られていますよ。
人感ライトと人感チャイムがセットになった製品であれば、玄関先に人の気配があったとき、玄関先ではライトがつき、同時に家の中ではそれを知らせるチャイムがなるということになります。
これは、不審者への警告という意味ではとても威力の大きなものとなるはずです。

GRhou7uK