防犯用金庫

防犯用金庫と耐火用金庫

自宅に保管している貴重品や現金などを保管する場所として、まずだれもが思いつくのが金庫ではないでしょうか。
金庫というのは、大切なものを守るためのものとして、個人の住宅やホテルや旅館などの一時保管用といった小さなものから、企業で使われる大きなものまで幅広い製品が販売されています。

個人の住宅に金庫を設置するとなると、預金通帳や現金、あるいは重要な書類といった比較的小さなものを入れる小型タイプを選ぶことになるでしょう。

ところが、この金庫というのは、どれでも性能が同じというわけではないのです。
金庫には、「耐火金庫」」と「防盗金庫」の2種類があり、それぞれ目的と性能が異なります。
これらを混同してしまうと、金庫が本来持っている機能を十分に発揮できないばかりか、金庫に求めている機能が合わないために、目的を達成できないことにもなるのです。

つまり、防火用の金庫を防犯対策に使っても、その効果はきわめて薄いということ。
防犯のために金庫を設置するのであれば、防火用の金庫ではなく、防盗対策用につくられた金庫を購入する必要があるのです。

それぞれの違いは?

一般の人が金庫を購入するとなると、その購入先としてまず思いつくのはホームセンターなどではないかと思います。
しかし、ホームセンターなどで売られている金庫の多くは防犯用ではなく、防火用の金庫なのです。
これは、万が一自宅が火事に遭った場合などに、預金通量などが燃えないようにするためのもの。
通帳であればまだ、再発行も可能ですが、現金の紙幣や貴金属などについては、燃えてしまえばそれで消えてしまいます。
そのようなことにならないために貴重品をしまっておくのがこれらの金庫の役目なのです。

防犯対策に使われる金庫は、防火金庫とはことなり、簡単にはこじ開けることのできない構造になっています。本体も重さがあり、簡単に持ち運べないようになっていることが多いかもしれません。
これは、もしも家の中に空き巣や泥棒が侵入しても、すぐには金庫を開けることができないようにするためのもの。
つまり、そもそもの目的が防火金庫と防盗金庫ではことなるのです。

防犯対策として金庫を導入する場合には、この両者の違いに注意する必要があります。
そして、きちんと効果のある防盗金をを購入して、貴重品を管理していくことが重要になりますよ。

GRhou7uK