盗聴対策

他人事ではありません

盗聴被害というと、なにか特別なことのように思うかもしれませんが、じつは、盗聴というのは身近にも起きている、決して人ごとではない事件なのです。

盗聴というと、盗聴される原因となるようなことがなければ心配しなくていい、と思われがちですが、そんな風に油断するのは禁物です。

たとえば、盗聴器を仕掛けた相手が自分をターゲットにしていたのではないとしても、自分が盗聴のターゲットになってしまうことがあるのです。
それは、賃貸住宅で自分が入居する前にその部屋に住んでいた住人が盗聴器を仕掛けていたようなケース。

盗聴器というのは、コンセントの内部や天井裏などの目立たない場所に仕掛けられるので、前の住人の退去後にハウスクリーニングをしても、それだけでは発見できずにそのままになってしまう可能性が高いのです。
こうなれば、どこの誰だかまったく分からない相手に自分の生活を盗聴されることになります。

恋人からの逆恨みという場合も

また、恋人とのトラブルなど、きっかけとなるような心当たりがある場合にはなおさら注意が必要です。
とはいえ、盗聴器というのは、そうそう簡単に発見できるものではありません。

盗聴器が仕掛けられる場には先述したコンセントや天井裏の他に、電話機のなかに組み込んで電話の内容を盗聴するものや、エアコンの裏側や壁に掛けた額や時計といった、普段はほどんど見ることのないような場所であることが多いもの。

また、誰かにプレゼントされたぬいぐるみや小物の中に盗聴器が仕掛けられていた・・・などというケースも少なくないそうです。

変だと思ったらすぐ警察へ

なにかあやしい・・・と感じたら、警察に相談して調べてもらうのが一番の方法かもしれません。
また、少々費用はかかりますが、探偵業をおこなう調査会社でも、盗聴器を探してもらえるので、警察に相談しても対応してもらえない場合には利用することも考えてみると良いかもしれませんね。

盗聴器を仕掛けられると、自分のプライバシーがすべて外にもれてしまいます。
そして、最もおそろしいのが、その情報がどのように、誰に利用されているのかがまったく分からないまま時間が過ぎるということ。
このような被害に遭わないためにも、「自分も盗聴されているかもしれない」ということを考えて、日常の異変に気を配るようにするといいのではないでしょうか。

GRhou7uK