赤外線カメラの特徴

赤外線カメラは一般カメラとは根本的に違う!

赤外線カメラは、物体や人が出す、赤外線や熱に反応して、鮮明に映像記録を残すことが出来るカメラです。
通常のカメラはレンズに光を取り入れないと映像を撮ることが出来ず、夜などの暗い場所はただの真っ黒な画面になってしまいます。
ですが、赤外線カメラの場合は光を取り入れずとも、赤外線や熱を感知して撮影をしますので、夜などの暗い場面でも変わらずに映像を撮ることが出来るのです。

その為、赤外線カメラは様々な場面で利用されており、積極的に導入されているみたいです。
一般家庭用のホームカメラなどにも「赤外線カメラモード」として導入されることが増え、「夜でも鮮明な映像を残すことが出来る」と話題になっています。
一般家庭ではもちろん、多くの企業や観光スポットでも導入されているみたいですね。

銀行や博物館など、様々なスポットで利用をされています

赤外線カメラを導入しているスポットとして有名なのは、銀行や博物館、美術館などをはじめとした、様々な貴重品、歴史的価値のある品を取り扱うスポットです。
夜閉館をした後も、貴重品や金品を守るために、赤外線カメラを導入して、異常を察知した場合は、すぐさま警備員が駆け付けます。
赤外線カメラを導入することで、万が一何か合ったときも映像を記録することが出来ますので、より早く犯人逮捕につながりますね。

また、こうした貴重品の取り扱いがあるスポット以外にも、暗がりで楽しむことが多い、カラオケなどの店舗に利用されていることがあります。
こちらは店舗によっても異なりますが、窃盗や暴行事件などの防止・抑制のために効果的な防犯カメラとして、取り付けられているお店は多いみたいです。

更にこうした赤外線カメラは、一般家庭でも導入をされることが増え、日々の防犯効果のアップや犯罪抑止に役立っているといえるでしょう。

一般家庭でも広く導入されている

赤外線カメラは、一般家庭でも近年、広く導入されています。
赤外線カメラの性能をよく理解した上で一般家庭に導入することで、より確実に犯罪抑止につながっていきます。

防犯カメラとして取り付ける赤外線カメラにはいくつか種類がありますが、一般的なものはインターホンカメラなどです。
夜に訪問者が訪れた際、相手の顔を鮮明に映し出す高性能なカメラですので、一人暮らしの女性世帯に重宝されています。

また、一般的な防犯カメラとしても赤外線カメラは大活躍。
玄関や勝手口、車庫に取り付けたりと、貴重品がある場所に設置をすることで、犯人の姿をしっかりと記録することが出来ます。

GRhou7uK