犯罪に巻き込まれやすい場所

犯罪に巻き込まれやすい場所を知ろう

とにかく、今の日本には危険がいっぱい。
「安全だと思っていたのに……」という場所で、犯罪行為が起きていることも多々ある時代です。
登下校の通学路すら、安全であるとは言えなくなってきてしまっている今、子供たちを守るためには「自衛をすること」「危険な場所には近づかないこと」が重要であるといえます。
「自分の意識していない意外なところに危険が潜んでいる」ということを考えて、『どう子供を守るか』考えましょう。

エレベーターは意外に危険である

マンションやショッピングモールに設置されているエレベーター。
このエレベーターですが、見知らぬ誰かと一緒に乗ることも多いため、相手が犯罪者の場合は「犯罪者と同じ空間の密室に閉じ込められる」ということになってしまいます。
こういったことを避けるためには、まず知らない人と同じエレベーターには乗らないこと。
乗ってしまった場合も、相手に背を向けてたたないなどの工夫をしたいところです。
また、エレベーターには必ず非常用のボタンがついていますので、こういったボタンを押して助けを求めるというやり方も親御さんが指導をしてください。

また、「見知らぬ誰か」といっても子供は判断できないこともあります。
日ごろから親同士でコミュニケーションをとり、隣近所の人と顔みしりになっておくなどの工夫が必要になるのではないでしょうか。
エレベーターはわりと危険で、犯罪行為が起きやすい場所と言うことを認識しましょう。

階段の踊り場も危ない

そして、階段の踊り場も危ないです。
エレベーターがある場合、多くの人は階段を使いませんから、人気がないことが多いのです。
この踊り場で襲われるというケースもありますので、十分に気を付ける様に子供を指導しましょう。
できれば、人気のない階段を利用しないことも教えたいものです。
また、住人で防犯パトロールをするなど、防犯のための取り組みも実践していくことができたらいいですよね。

とにかく、私たちの身の回りに危険があるということを知っておくこと。
公園や自宅の前も危ないです。
きちんとそのことを子供に教え、子供が自分の身を守っていくことができるように工夫をしていきましょう。
犯罪に巻き込まれやすい場所は割りと身近に多くありますので、そのことをしっかり認識して子供に注意を促す、指導をしていくことが大切ですね。
子供を守ることができるのは、最後は親しか居ません。

GRhou7uK