敢えて電気をつけておく

なぜ電気はつけたままがいいのか

一軒家の防犯のために必要なことは、外部から見て家の中の状況を悟られないようにすること。

集合住宅と違い、一軒家というのは外から家の中をみることも比較的簡単にできてしまいます。
とくに最近の住宅事情では、広い庭を確保することができず、また、手入れや日当たりの問題などから気を植えることも難しいために道路から家の中が見えてしまう構造の住宅も少なくありません。
そのような家に住んでいるという場合には、とくに防犯への気遣いは欠かせないものとなるでしょう。

たとえば、通りから家の窓がすぐ近くに見える場合、カーテンなどを使っても家のなかの明かりは漏れてくるものです。
もし、毎日帰宅が遅くなる家なら、何時頃に明かりがつくかでその大まかな帰宅時間は分かってしまうということになります。
そうするとなにが起きるかというと、空き巣などの犯罪目的で家に近づいてきた人に、何時頃までなら空き巣に入ることが可能なのかを知らせることになってしまうのです。
そうなるととても危険ですよね。空き巣に入られるのはもちろん嫌ですが、それだけでなく、もし帰宅した時に空き巣と鉢合わせになったりしたら、命の危険性も生じることになります。
そのような事態を防ぐための手段として、帰宅が夜遅くなる場合には、あえて電気をつけたまま出かけるという方法があります。

LED電球などを使って防犯

最近は節電が重要視されており、不要な電気は出来る限り消すようにと考える人が多いですが、消費電力の少ないLED電球などを使えばそれほど問題はありません。
また、タイマーを設定することであらかじめ指定した時間になると電気がつくようにすることのできる照明設備もでていますし、市販のタイマーを配線に追加するなどして自分で設置することも不可能ではありません。
そのようにしておけば、帰宅時間を家の外にいる人達に見抜かれることもなく、また点灯する時間を時々変えるなどすれば、生活パターンも伝わらなくなるでしょう。
そのような家は、いつ誰かが帰宅するかわからないので、空き巣にとって非常に入りづらい家ということになり、結果的に防犯効果につながるのです。

空き巣のテクニックと防犯の知恵は、一種のイタチごっこのような部分があります。
しかし、工夫やアイディアで随分とそのような自分や自分を守るための工夫ができるというのも事実。
つねにさまざまな状況に目を配り、どうすればより安全に過ごすことができるのかを考える習慣を持つことが大切ですよ。

GRhou7uK