窓に格子を設置

窓からの侵入を防ぐ

一軒屋の防犯対策として良く取り入れられているのが、「窓に格子をつける」と言うもの。
これまでの調べで、空き巣が侵入しやすいのは窓であると言う統計が出ています。
つまり、窓の防犯対策をできるだけ強化することで、空き巣の侵入を防ぐっことができると考えて良いのではないでしょうか。
この「窓への進入」を防ぐ為に、業者では様々なアイテムが発売されています。
そのひとつが「格子」です。

窓から家の中に侵入する方法のひとつとして、「鍵付近のガラスを割り、そこから手を入れることで窓の鍵を外してしまう」と言うものがあります。
鍵を外せば簡単に中に入ることができますので、これが一番問題なわけです。
この方法で部屋に侵入されるのを防ぐ為に、窓に格子をつけ、窓が割れても中に入れない様にするわけです。
格子がれば、それが邪魔をして進入することができなくなりますからね。
これを、空き巣が侵入しやすい一階の窓に取り付けるだけでも、効果が出るのではないでしょうか。
実際、最近は窓に格子をつけている家を見かけますよね。
格子があるとお洒落にも見えるのですが、立派な防犯対策アイテムなのです。

防犯ガラス

格子だけでなく、「防犯ガラス」と言うものもあり、こちらを取り付ける人も増加しています。
しかし、防犯ガラスは外から見ても普通のガラスですので、「割れにくいと言う意味で防犯にはなっても、抑止することはできない」と考えられますよね。
格子がついていれば、一目で「あの家は入りにくい」と解りますので、それだけで進入を防ぐのに役立つはず。
施工している業者もたくさんいますので、「効果的な防犯対策をしたい」と言う人にはお勧めの方法だと思いますよ。

防犯対策は、ある意味空き巣との頭脳戦ですので、「どういう家が空き巣にとって入りにくいか」「どうしたら入りたくないと思わせることができるか」について、空き巣になったつもりで考えてみることです。
そして、工事の上ではしっかりと業者の話を聞くこと。
業者はプロですので、効果的な防犯対策についてしっかりと話をしてくれるはずです。
家によっても、どんな防犯対策が効果的なのかは違ってきますので、しっかりと専門家の話を聞いた上で、「どんな対策をするのが一番良いのか」について考えてみて下さい。

せっかく建てた一軒家に、空き巣が入ってしまうと、それだけで気分は台無しですよね。
空き巣が侵入してグチャグチャになった部屋に、もう一度住むことができるでしょうか。
かといって、マイホームを簡単に手放すこともできないでしょう。
「万が一」を考えた防犯対策を施すこと、これが一番重要なことです。

GRhou7uK