子ども防犯の未来

昔は子供の安全確認も大変だった

かつて、子どもが無事に学校から帰ってきているかどうかの確認は、とてもアナログな手段に依存していました。
いつもなら下校している時間に帰ってこないとなったとき、たんに道草をしているだけなのか、それともなにか事件や事故に巻き込まれているのかを確かめるための方法のひとつとしてあったのは、まず、学校に問い合わせることでした。
学校に問い合わせてすでに下校している、となれば、あとは直接通学路をあるいて子どもを探しにいくしかありません。
もし小さな弟や妹がいてそれが難しいというケースであれば、近所の人などに様子を見に行ってもらうことになるかも知れません。
いずれにしても、直接「聞く」か「見る」という行動が必要だったのです。

携帯電話を持つ子どもが増えた

ところが時代は変わり、現代では携帯電話をつかって簡単に子どもの安否確認が可能になりました。
最近は多くの小学生が持っている子ども用の携帯電話。
それには、必ず緊急用の防犯ベルがついています。
普通の防犯ベルというのは、ピンを抜くと大音量が出るというだけの単純なものですが、子ども用の携帯電話についた防犯ベルは、ボタンが押されたり、ピンが抜かれると同時にあらかじめ登録した保護者のメールアドレスに連絡が行きます。
サービスによっては、それと同時に警備会社にも通報されて、警備会社の警備員がGPSの情報をもとに携帯電話の持ち主である子どものもとへ駆けつける、といったことも可能になっています。

また、携帯電話に搭載されGPS機能を使えば、いま子どもがどこにいるのかも一目瞭然なのです。
子どもにしてみれば自由に道草もできない嫌な時代になったということですが、帰りのおそい子どもを親が探して歩く手間はいらなくなりました。
そして、これらの技術はきっと、これからも進化し続けるでしょう。
最近は子ども用の携帯電話にもスマートフォンタイプが出現し、さらに高性能になりました。
また、学習用の機器としてタブレット端末を導入する動きも広まっているので、将来はすべての子どもが当たりまえのように自分のタブレットをランドセルに入れて持ち歩く日も来るかもしれません。
いや、おそらくそれは確実にくるでしょう。
そのような時代になると、より安全に子どもが街を歩けるような警備網が整っているかも知れませんね。
その一方でネットを介した犯罪も増えているのが現実ではありますが、いつの時代も子どもが安全にのびのびと成長できる環境であってほしいものです。

GRhou7uK