ドアアラーム

ドアアラームとは

ドアアラームとは、ドアた開いた時に大きな音で警報が鳴り響くという防犯グッズのこと。
マグネットで本体とセンサーをドアに取り付け、本体とセンサーが一定の距離以上離れた場合に、アラームが鳴るという仕組みになっています。

このように聞くと、なんだか複雑そうだと思う人もいるかもしれませんが、このドアアラームは、じつは電池で動いています。
そのため、配線工事などは一切不要で、取り付けも両面テープでよいというお手軽さ。
電池には単四の乾電池を使いますが、電池が長持ちするような設計になっているので、一度電池を入れれば電池交換をあまりせずにずっと使うことが可能なのです。

ドアアラームは、ドアが開いた時にアラームが鳴る仕組みですが、もちろん、その家に住んでいる人が出入りする時にアラームがなってしまうのは困ります。
そのため、家の住人がドアを開け閉めするような場合にはアラームを解除する必要がありますが、その時には、付属のリモコンなどを使うことになります。
リモコンはキーホルダータイプの小さなサイズになっていることが多く、持ち歩くことも、解除することもとても簡単なのです。
このリモコンは家族の人数に応じて数を増やすことができるので、家族全員がこのアラームと合鍵をセットで持っていれば、誰かが鍵が無くて家に入れない・・・といった思いをすることもないのです。

それだけでなく、家の中から警報を発することも可能なのです。
これは、しつこい勧誘やストーカーの被害などにあいそうになったときにアラームをならすことで、危険を広く知らせることができるのです。

侵入しにくい家にしよう

ドアアラームを取り付けることのメリットは、空き巣の手法で最も多い、玄関のカギを壊して家の中に侵入する手口に対してとても強力な対策となるのです。
アラームがなれば、当然ながら空き巣は侵入をあきらめてすぐに逃げていきます。

空き巣対策の基本は、「いかに侵入しにくい環境をつくるか」という点にあります。
防犯グッズの多くは、この点に主眼をおいて作られているはずです。

つまり、いかにこのような空き巣を入らせにくくするかの対策を考えることが大切なのです。
そして、その対策のひとつとして、ドアアラームというのは賢い選択といえるのではないでしょうか。

GRhou7uK