補助錠 

補助錠とは

補助錠というのは、ドアや窓のサッシに取り付けて、本体のカギを補助して防犯力を高めるためのツールです。
補助錠にはいくつかのタイプがありますが、もっともよく見かけるのは、窓のさんの部分に取り付けるタイプではないでしょうか。

このタイプは値段が手ごろで、窓を開けるためにロックを外したい場合にも、簡単に操作できるので、日常生活の中で使うにはとても便利なのです。

また、換気などのために窓を少しだけ開けておきたい、という場合でも、その状態で補助錠をロックすることができるなど、とても便利に使えるのです。
そのほかのメリットとしては、窓のサイズに関係なく使える点もあるでしょう。
ベランダとの出入り口に使用する大きなサイズの窓ガラスから、腰高窓など、サッシのついたタイプの窓であれば、どのようなものでも利用可能であるという点は、家の中にいくつかの種類の窓があるというというケースでも場所を選ばずに使うことができるのです。

とはいえ、これらのタイプのカギでは、窓ガラスを割って中に手を入れれば、簡単に開けることが可能になってしまいます。
空き巣の中には、窓ガラスをガラス切りなどで窓を切り抜き、そこから手を入れて窓を開けるというケースもとても多いのです。
このような方法にたいしては、上記のタイプの補助錠は効果がないといえるでしょう。

暗証番号式のものなどもある

より効果的な補助錠を付けるのであれば、暗証番号やキーを使わないと開錠できないタイプがおすすめです。
こういったタイプのものは、開けるのに時間がかかるため、日常的によく開け閉めを行なう窓には不便かもしれませんが、より強固な防犯をしたいのであれば、こういったタイプを使うのが賢明といえるでしょう。

補助錠の取り付け方としては、サッシと窓の間に金具を挟み込むタイプが一般的ですが、これは長い時間使用していると、窓枠に「ゆがみ」を生じさせてしまうなどのリスクがあるのです。
それを防ぎたいのであれば、両面テープで取り付けるタイプがおすすめでしょう。

さらに強力にしたい場合には補助錠を窓の上下に2つ取り付けるのがおすすめですよ。
鍵で開けるタイプの補助錠の中には、同じ鍵で上下に取りつけた補助錠を開け閉めできることが可能なものもあり、こういった便利なアイテムをつかうことで、より効果的に防犯対策をとることができますよ。

GRhou7uK