インターフォンと表札の工夫

家の門の出入り自由は危険

一軒家の場合、一般的に家の玄関よりも手前に門があるというケースが多いのではないでしょうか。
そのような家を訪問した場合、訪問者はまず始めにその手前の門をあけて家の敷地内に入り、そこを歩いて玄関の前まで来た上で玄関先にあるインターフォンを押す、という手順を踏むことになります。
しかしこの方法では、自宅の住人や家族以外の人が、家の門を開けることが日常的に起こりえるということになります。
これには、じつは大きなリスクが潜んでいるのです。

来客が家の門を開けると言うことは、近所の人がその光景を見た時に「あの家はお客さんが勝手に門を開けて家の敷地内に入っている」という認識をもつことになります。
つまり、その家の住人でない人が門を開けていても不審に思わなくなってしまう、ということです。
しかしそれでは、もし、不審者が家の門をこじ開けて敷地内に侵入しようとしていた時にも、近所の人はそれを見てなにも思わないということになってしまうのですよね。
せっかく一軒家という、「近所の目」が届きやすい環境に住んでいるにも関わらず、これでは防犯効果はおおきくダウンしてしまいます。

門にもインターホンをつけよう

このような事態を防ぐためには、家の玄関だけでなく、外側の門にもインターフォンを設置することが必要です。
最近は工事無しで簡単に取り付けできるインターフォンも増えていますから、そういったものを一台、増設するだけで安心感はずいぶんアップしますよ。
また、インターフォンだけでモニターのないタイプでもいいかもしれません。

さらに、表札にも工夫が必要です。
今でも時々、家の表札に家族全員のフルネームを記載している家庭を見かけることがありますが、これは防犯面においては適切とはいえません。
ましてや、小さな子どもの名前まで記入していれば、不審者が子どもが家から出てきたことを確認した上で表札の名前を確かめ、知り合いを装って子どもに名前で呼びかけて誘拐する、といった犯罪も可能になってしまいます。
表札に記入するのは、名字だけにするのが防犯にとっては理想的。
また、女性だけの世帯などは、表札からそのことが分からないように、とくにデザインなどに気をつかう必要もあります。
最近はかわいらしいデザインの表札を作ってくれる業者も増えていますが、そのようなデザインの表札を使うことは、女性だけの世帯であることを世間に公言しているようなものでとても危険なのですよ。

GRhou7uK