ダミーカメラは信用しすぎない!

ダミーカメラとは

一時期「防犯効果がある」として有名になったダミーカメラ。
ダミーカメラとは、簡単に言えば偽者の防犯カメラのことです。
玄関の上にダミーの防犯カメラを置いておくことで、泥棒に対する牽制になるという意味でつけるものです。
確かに、一戸建ての玄関や窓のあたりに防犯カメラを置けば、一定の効果はあると思います。
「撮られているかもしれない」と怯みますからね。

ダミーカメラは、本物の防犯カメラと比較すると「コストが四分の一」と非常に低価格なのだそう。
それだけに、本物の防犯カメラをつける予算のことを考えて、「ダミーカメラをつける」と言う人も非常に多くなっているみたいです。
確かに、安い上に一定の効果がある防犯カメラは便利かもしれません。

デメリットもある

だけど、ダミーの防犯カメラばかりに頼った防犯をすることに私は反対です。
なぜなら、ダミーカメラは見抜く技術を持っている泥棒も多いから。
泥棒も馬鹿ではないので、ダミーカメラを見て「本当に撮影できるものなのか、偽物なのか」の区別がつく人も多いそう。
ダミーカメラは、インターネットのオークションでも販売されているのを見かけますよね。
つまり、あれと同じタイプのダミーカメラと言うのは、「偽物だ」と見抜かれる確率が非常に高くなるということ。
私たちだって、毎日画像でダミーカメラを見ていたら、本物か偽物かの区別をつけることができる様になるでしょう。
要は、ダミーカメラで防犯対策をするのなら、それだけに頼るのではなく「それ以外の防犯対策も充実させておくこと」が望まれるということ。
ひとつの防犯対策に、過剰に頼りすぎないことが大事です。

ダミーカメラの注意点

ここで、ダミーカメラを選ぶ時の注意点をご紹介してみましょう。

1.外から見た感じ
本物の防犯カメラを見てみると、ケースがついていて、そこにカメラが入っていることが解ります。
本物の防犯カメラはアルミ製のものが多いので、できればダミーカメラもそのタイプのものを選びたいですね。

2.配線などは本物を使用する
カメラ自体はダミーでも、配線は本物を使用すると言うのもいい方法です。
配線が本物と言うのは意外に重要。
熟練の泥棒だと、配線の様子からカメラが本物かダミーかを見抜いてしまいますので、この点を注意しましょう。

3.ランプが点滅するか
ほとんどの電化製品は、電源を入れることでランプが点滅します。
防犯カメラもそう。
カメラが回っている間はランプが点滅しますので、ダミーであっても「ランプがつくかどうか」はしっかりと確認しておく必要があります。

細かいことですが、上記の様なチェックポイントを満たしているかどうかは意外に重要。
ダミーカメラを選ぶときは、きちんとした効果をあげることができるものを購入しましょう。

そして、「ダミーカメラがあるから」に頼らず、他の防犯対策をしっかりとしておくことも大事ですよ。
私は、玄関の前にセンサーライトをつけています。
小さな工夫ですが、センサーでライトがつくとこちらはほっとするし、泥棒に対する牽制にもなっていると思っています。

GRhou7uK