小型カメラの特徴

小型カメラの種類は非常に豊富

小型カメラは、カメラで撮られていることを相手に気が付かれずに映像を撮影することが出来るカメラです。
防犯効果アップをさせるというよりも、万が一何か合ったときに映像記録を残すことが出来る、お守り的な役割であるといえるでしょう。

一昔前までは、小型カメラと言っても、写真を撮るカメラのサイズほどの大きさで、明らかにカメラということがばれるデザインでした。
ですが、近年の防犯カメラは非常に性能が高く、デザイン性も高いため、おしゃれなインテリア感覚で利用できるものが数多くあるでしょう。

例えば、このような小型カメラがあげられます。

オフィスにぴったりのUSB、ライター小型カメラ

オフィスぴったりの小型カメラとして挙げられるのが、USB型のカメラ、ライターの形をした小型カメラです。
一見、今にもパソコンにさして記録媒体として利用することが出来そうなデザインですが、このUSBの内側や、外側に、小型カメラが内蔵されており、違和感なく撮影をすることが可能です。
商品によっては実際にUSBとして利用することが可能なタイプもありますので、怪しまれずにオフィスの様子を撮影することが出来るでしょう。

また、たばこを吸う方におすすめなのが、ライター型小型カメラです。
こちらも一見ライターの形をしていますが、商品によってはライターとして実際に利用することが出来るタイプもあるようです。
喫煙室に持ち込んでも、デスクの上に立てかけておいても不自然ではないため、何かと重宝するでしょう。

自宅で大活躍の置時計型小型カメラ

自宅に置く際にぴったりの小型カメラが、置時計型小型カメラです。

デジタルタイプ、アナログタイプなど、一般的な置時計と同じように種類があり、デザインも豊富ですが、こちらにも小型カメラが内蔵されています。
部屋を一望することが出来る場所においておくことで、万が一侵入者がいた際に、後から記録を警察に提示することが出来るでしょう。
どちらかというと防犯カメラ的な要素が強いタイプの置時計型小型カメラです。

インテリアとして部屋に飾るにもぴったりで、高性能な時計として設置する方も少なくないでしょう。

持ち運びにぴったりの、ボールペン型、腕時計型小型カメラ

また、どんな場面にもぴったりで、持ち運びにも非常に便利なのが、ボールペン型小型カメラ、腕時計型小型カメラです。
これらのカメラは日頃から身に着けておいたり、ポケットに入れておいても全く不自然ではなく、おしゃれに利用することが出来るアイテムといえるでしょう。

お子さんなどに、カメラとしての機能は内緒にして持たせることで、日頃のお子様の様子を見守ることも可能なタイプです

GRhou7uK