ライトをつけよう

センサー付きライトについて

一軒家で怖いのは、もし外部から不審者に侵入された場合でも周囲に異変をしらせにくいこと。
集合住宅であれば、大声を出せば隣の部屋に異変を知らせることも可能ですし、マンションに管理人がいたり、オートロックで部外者が侵入できないような構造になっている住宅も増えています。
しかし、一軒家ではそういうわけにはいきません。
しかも、住宅街などで街灯が少ない地域であれば、なおさら不安を感じるのではないでしょうか?
また、暗い玄関は帰宅した時にもなんとなく不安であり、鍵穴が見えない、鍵が探せないといった不便を感じることも多いものです。
そのような不安を和らげる助けとなる防犯グッズが、センサー付きのライトです。
これは、家の玄関先などに設置しておくと、人の動きを点灯する仕組みになっています。
多くの場合は明るいスポットライト式の電球などがついており、そこに取り付けられたセンサーが人の動きを感知すると自動でライトが付きます。
点灯したライトは時間がたつと自然に消え、センサーを作動させる時間帯も設定することができるので、一度設置してしまえば手間はかかりません。

少しのひと手間で変わってくる

このライトがついていると、人が近づいた時に「パッ!」と明るい光がともるので、侵入目的で不審者が近づいた場合にはとても目立ちます。
そのため、空き巣や侵入者への警告としてとても役立つとともに、「ライトが設置されている」というだけで不審者を遠ざける効果も期待できます。
手頃な値段で購入することができ、設置もさほど難しくはありません。
設置場所には家の玄関の前だけでなく、庭や門の前、ガレージなど、それぞれの住宅で不安を感じるところを選ぶといいでしょう。
複数の場所にライトを設置するケースも少なくありません。

また、このライトのいいところは、防犯対策だけでなく、住んでいる人にとっても便利だということ。
夜遅くに帰宅して、暗い玄関前で鍵が見当たらない!といった時にも、自動で明かりがつけば便利で安心です。
また、庭やベランダに設置することで、暗いところでつまづいて転ぶ、といった事故を防止することにもつながりますよね。
防犯は、ちょっとした工夫が大きな違いを生むものです。
ほんの少しだけ手間をかけてライトの設置をすれば、大きな安心と、そして便利な生活につながりますよ。

GRhou7uK