防犯カメラの心理的効果

目立たないカメラもある

防犯カメラを設置することに対して、何となく抵抗を感じるという方もいるかもしれません。
店舗や公共施設ならともかく、ごく一般の自宅の玄関に防犯カメラなんて大げさなのではないか・・・
という思いや、家に遊びに来てくれる人やお客さんのことまで監視しているみたいで気が引けると感じる人、
あるいは自分が帰宅した時になんとなくカメラがあると嫌だという人まで、その理由はさまざまでしょう。

しかし、最近の防犯カメラというのは目立たないように設置することも可能なのです。
「目立たないように設置したら防犯の意味がなくなるのでは?」と思うかもしれませんが、
それは意外と大丈夫なのです。
空き巣や泥棒というのは、つねにどこに防犯カメラがあるかということを意識していますから、
目立たないように設置した防犯カメラであっても必ず見つけ出してしまうはずです。

普通の人にはすぐには分からないくらいの状態で設置していても、
侵入をたくらむ空き巣や泥棒にはしっかりと認識されていますから、
意外と気にする必要はないようです。

そして、このような防犯カメラが設置されていることは、
侵入者にとってははやり、大きなプレッシャーとなるようです。
つまり、防犯カメラを設置することは、
そのような人に対する脅威としては十分に効果を発揮するのです。

ダミーよりもやはり本物の方がいい

ただし、以前にもご紹介したダミーのカメラについても同じような効果を期待できるかどうかというと、
それには少し疑問が残ります。
ダミーのカメラというのは、配線に不自然なことがある場合が少なくないため、
ちょっと知識を持った人が見ればすぐに分かってしまうのです。

例えば、カメラからコードが出ているのに、それがどこにも接続されていない場合や、
不自然な場所にコードが伸びている場合など。
防犯カメラを知り尽くした泥棒や空き巣であれば、
すぐにそれがダミーであると分かってしまうでしょう。
また、外観があまりにも安っぽかったり、
実際の防犯カメラに使われているのとは違う素材であったりする場合にも、
やはり注意が必要となるでしょう。

このようなことから考えると、もしも防犯カメラを設置するのであれば、
やはり本物を設置するのが確実といえるかもしれません。
せっかくお金をかけて、ダミーのカメラを設置したところで、
それを見破られてしまっていは意味がありません。
それならば、多少導入のための費用は高くなっても、
最初から本物を設置してしまった方が効果は高いと言えるでしょう。

GRhou7uK