もし、空き巣に入られたらどうする

子供が一人で帰宅してみたら、なんだか部屋の様子がおかしい…そんな時はどうしたらいいのでしょう。
家に親がいない場合、子供ひとりで対処をしなければならなくなりますので、きちんと「有事の際はどうするか」ということを子供に話しておくことが大事です。
空き巣はいつ入られるかわかりません。
「どんなに気を付けていても、入られてしまう可能性がある」ことを考えれば、気を付けておくにこしたことはありません。
では、どんな風に対応をしたらいいのでしょうか。

玄関をあけて、空き巣が入ったと解る場合

まず、玄関を開けた時に部屋がぐちゃぐちゃで「これは空き巣が入ったな」などと判断できる場合は、その場からすばやく立ち去る・逃げるということを徹底してください。
そして近所の人に助けを求めるか、安全な場所から電話で通報をしましょう。
お店に飛び込んで、助けてもらうというのもいいです。
間違っても、「空き巣に入られた」ということが解っているのに家の中には入らないこと。
もしかしたら、家の中にはまだ空き巣がいるかもしれません。
相手が子どもだと解れば、襲いかかってくる可能性もありますので十分に注意しましょう。

万が一の時に頼ることができる家を、調べておくといいかもしれませんね。
また、親が普段から近所と連携をとり、万が一の時には子供を守ってもらうことができるような体制をとっておくことも、必要不可欠なのではないでしょうか。

家の中に入って解った場合でも、逃げる!

また、家の中に入ってはじめて「強盗だ」と解った場合も、逃げることをお勧めします。
誰もいないように見えて、もしかしたら強盗がそこにいるかもしれません。
武器を探して応戦しようと考える人もいるみたいですが、そんなことは考えずまずは逃げることを考えましょう。
本当に、何かあってからでは遅いですからね。

とにかく、空き巣に気づいたら逃げること、安全なところから通報することです。
「なにをとられたか確認しよう」などということは考えないことです。
それは警察に任せるとして、まずは通報して「空き巣に入られた」ということを伝えることです。
空き巣は自分の顔をみられることを何より嫌います。
もしかしたら顔をみたということで相手が襲ってくるかもしれません。
これは十分に考えられることですので、注意しましょう。

子供はこういったことが起きるとどう対処していいかわからなくなるものです。
だからこそ、このようなことがあった時の対応は親がしっかり教えておくこと。
「何があっても逃げる」ということを徹底させることが必要です。

GRhou7uK