警察の情報をチェックしましょう

警察はやっぱり頼りになる!

「子供の安全を守りたい」と考えた時、やはり頼りになるのが警察です。
警察では、犯罪情報や不審者情報を公開しています。
この統計をみるだけで、自分が住んでいるところでどのくらいの犯罪が起きているのかを知ることができるようになります。これは大変便利ですね。
こうやって警察が発表している情報をみると、「ああやっぱり危険なことが起きているんだな」などと考えることができますし、危険なことがあると子供に教えるきっかけにもなるでしょう。

警察のホームページを見る機会はあまりないかもしれませんが、一定期間ごとにホームページをチェックすることを癖のようにしておくことができるといいかもしれません。

不審者情報もチェックして!

これは学校のメール配信で行われることもあるのですが、不審者情報を提供していることもあります。
この不審者情報をチェックすると、「いかに日本には不審者が多いのか」ということが解ります。
内容としては、「不審な男が声をかけてきた」「自転車で追いかけられた」「家まで付け回された」など、
数多くの事案が発生しており、自分の身近にいろいろな危険が潜んでいるようですね。
この不審者情報は、子供たちを予め犯罪から守るために必要な大切なものだといえます。

また、不審者が出る場所を知ることができれば、そこを避けて生活することも可能ですよね。
子供の安全を守るためにも、この不審者情報は定期的にチェックすること。
不審者情報があった場所には近づかないことなども徹底していきましょう。
そして、「危険だ」と言われた場所については絶対に子供を連れて行かないこと。
自分が不審者をみかけたらただちに通報することを考えて下さいね。

交通事故情報もチェックして

他にも、警察では交通事故情報などを提供しています。
私たちが住んでいる場所でどのくらいの交通事故が起きているのかを知るだけで、「気をつけよう」という気持ちになるものです。
「どのあたりで交通事故が起きているのか、交通事故がどのくらい起きているのか」をチェックすることができたらいいですね。
こうしてチェックをするだけでも、要注意なポイントを事前に知ることができ、事故を未然に防ぐことができます。

情報を得ることはとっても大事!

まず、情報を得るということは本当に大切です。
事故や事件の情報を得ることで、「気をつけよう」という気持ちも湧いてくるでしょう。
そのようなことを考えても、「情報を得る」ということをしっかりと考えて行動をしてみてください。
また、得た情報はきちんと家族で共有することが必要ですね。

GRhou7uK