減らない空き巣犯罪

被害に合うと大きなダメージをくらう

世界でも「治安が良い」と言われる日本ではありますが、それでもピッキング被害などが後を絶ちませんし、犯罪がまったくないとは言えません。

自分の家に盗みに入られるということは、「金品を盗まれた」というショックばかりでなく、「自分の生活空間を荒された」という精神的なダメージを受けることも。
一軒屋というからにはマイホームな訳ですが、盗みに入られた我が家でまた生活をしようと思えるでしょうか。
購入した住宅の場合、すぐに売却することも難しいので、辛い気持ちを抱えたまま家で生活をしなくてはならない可能性も出てきます。
泥棒がまたやってくるかもしれない、自分が家にいる時に強盗が入ったら・・・という恐怖と常に戦わなければならない可能性・・・このことを考えたら、普段から「空き巣」に対する対策を万全にし、「空き巣は絶対に入れない!という防犯対策をしておくことは大切です。
特に、子供がいる家庭の場合は「安全」という意味をこめて、努力していくことが必要です。

空き巣はちょっとした隙をついて侵入してくるもの。
でも、ちょっとした対策で防ぐことができるものでもあります。
日ごろから「いつ我が家に空き巣が入るか解らない」ということを頭に入れておき、その為の対策を練っておきましょう。

ご近所とのつながり

一番大切なのは、日ごろから近所同士で連携をとっておくこと。
都会だと、「隣に住んでいるのが誰だかわからない」ということも多々ありますが、これだと知らない人が周辺をフラフラしていても、「ご近所の人かもしれない」と判断してしまう可能性があります。
これが命取りです。
空き巣に入られてから、その人物がどこの家の人間でもないことが解り、「あの人が犯人だったんだ!」と気づくケースも多々あるはず。
近所にアンテナをはっておけば、防ぐことができる犯罪だったかもしれません。

実は、どんな住宅においても一番大切なものは「ご近所同士のつながり」です。
ご近所同士で連携していれば、見知らぬ人がやってきても「あの人知らないよね?」「怪しいよね」と話し合ってすぐに対策が打てますし、防犯に対する意識も高まります。
日ごろから情報交換をすることができる様にしておくことで、お互いに空き巣に対する関心を高めておくことができますし、対策を打てます。
必要なら警察に連絡したり、地区長に話して対策を練ってもらうことだってできるでしょう。
とても簡単な対策ではありますが、基本こそ大切にして対応しなければなりません。

空き巣対策のためだけにご近所と仲良くしろとは言いませんが、日常的に近所の人と話をする機会を持つことで、防ぐことができる犯罪はたくさんあるはず。
顔なじみが多いというのは、何よりも強みになるはずだからです。
あらゆる可能性を考えて、それを防ぐための努力をしておくことが「防犯」につながりますので、決して手を抜かずにあらゆる可能性を考えてみて下さい。
自分の家を守るのは、他でもない自分しかいないのです。

GRhou7uK