防犯対策は個人情報保護から

個人情報漏洩によって起きる恐ろしい事態

住所や生年月日、名前、家族構成など、個人情報には様々な種類があり、個人情報が漏洩することで、様々な危険性があります。

例えば、住所をほしがるダイレクトメール企業などが数多くあります。
もし住所がばれれば、そうした企業に必要でないものを効果で売りつけられる可能性があります。
更に言うと、勝手に個人情報を使われて、同一人物として様々な書類にサインをし、勝手に契約を結ばれるような事態に陥ることもあるでしょう。
このように、様々な危険、事件に巻き込まれてしまう可能性がありますので、個人情報の取り扱いには十分注意して、日々を過ごすことが大切です。

個人情報が漏洩する可能性が高い場所は色々とありますが、その中でも特に多いのが、自宅に届いた郵便物の取り扱いによる漏洩です。
日頃の生活の中でこのようなことに注意をしてみてください。

住所が書かれた郵便物はそのまま捨てない

はがきやお手紙など、住所が書かれている郵便物は、個人情報の宝庫。
住所だけではなく、家族の名前まで書かれていますので、一気に個人情報を二つも漏らすことになってしまいます。

住所が書かれている郵便物は、紙ごみとして気軽にゴミ箱には捨てずに、ビリビリに破いて判別不可能にするなどして、個人情報を判別できないようにしましょう。
また、個人情報は宛名だけではなく、中の郵便物に書かれていることも少なくありませんので、同じように、ビリビリに破いてから処分することが大切です。

クレジットカード明細などの処分も注意

ケータイの利用明細や、クレジットカードの利用明細など、明細と名がつくものは多く存在します。
そんな明細の中は、個人情報のオンパレードですので、安易に処分をしたり、長期的にポストの中に放置をしないことが重要になります。

近年では、WEB上で明細を確認することが出来る、WEB明細も存在していますので、そうした明細を利用することもおすすめです。
必要があれば、ネット明細を印刷して、利用するようにしましょう。

シュレッダーにかけても安心できない

郵便物を処分する際に、シュレッダーにかけるだけでは安心できません。
シュレッダーは均一な切り口ですので、場合によっては復元することが可能で、個人情報が筒抜けになってしまいます。

シュレッダーでも、ランダムに切り裂くタイプのものを利用するか、または、自分の手でこれでもかと引きちぎる方が賢明でしょう。

郵便物を長期的に放置しない

郵便物を長期的に放置すると、内容を読み取られて、個人情報を取られる可能性があります。
出来るだけ郵便物はこまめに回収をして、安心できる環境を作ることが大切です。
朝と夕方、最低二回はチェックするように心がけましょう。

GRhou7uK