空き巣撃退の防犯対策

空き巣が逃げ出す防犯対策をしましょう

家人がいない隙を狙って住宅に侵入をする空き巣。
近年の空き巣は非常に巧妙な手口で侵入をする場合も多く、事前に対策をしておかないと、家中の金品を全て奪われる可能性もあります。
貴重品や大事なものを守るためにも、空き巣が裸足で逃げ出すような防犯対策をすることが大切です。

防犯対策として効果が期待できるのが、防犯カメラです。
防犯カメラがきちんと機能しているタイプであれば、空き巣は記録に残るのを恐れて、その家を狙うことを避けます。
空き巣は基本的に下調べや下見を重ね、空き巣に入っても安全と思われる家を狙って泥棒をするため、こうしたアイテムが導入されている家は避ける傾向にあります。

防犯ジャリや警報アラームなど、とにかく音の出るものを用意

また、防犯ジャリや警報アラームなど、音の出る防犯アイテムを導入することも大切です。
空き巣はとにかく目立つことや音の出ることが嫌いですので、警報アラームのような音が出るシステムがある家は避ける傾向にあるようです。

また、家の中で定期的に音を鳴らすことが出来る防犯アイテムの導入もおすすめです。
空き巣に入る際には、中に人がいないかをしっかりと確認した上で、犯行を実行します。
ですが万が一、家の中から音が聞こえてきたら、誰かいると思ってすぐさま逃げ出します。
こうしたアイテムを導入することで、空き巣被害から家を守ることが出来るでしょう。

やはり一番はセキュリティシステムの導入

やはり一番防犯効果が高いのが、セキュリティシステム、警備システムの導入です。
セキュリティ会社によって守られている家は、すぐさま捕まる可能性がありますので、空き巣から自然と狙われにくくなります。
費用面、セキュリティの解除の手間などもかかりますが、確実に安心を手に入れるためには、セキュリティシステムを導入するべきです。

セキュリティシステムの契約そのものは企業によってお値段がピンからキリまでですが、
安ければ悪い、高ければ良いというわけでもありませんので、
プランを比較して金額と相談の上、申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

番犬は意外と効果なし?他の防犯グッズと合わせて利用を

防犯と言えばやはり、番犬を想像される方も多いでしょう。
庭に番犬を放ち、防犯対策をしているという方も少なくありません。

ですが、番犬は以外にも、防犯対策として効果を発揮しない場合があります。
小さなワンちゃんの場合、下手をすると抱きかかえられてそのまま盗まれてしまう可能性があるでしょう。
また大型犬でも、睡眠薬入りのエサで眠らされて、本来の番犬としての役割が機能できない場合もあるかと思います。
番犬と合わせて、他のシステムも導入をできるように検討が必要ですね。

GRhou7uK