間違い易いセンサーライトの設置

ライトで犯人の侵入を阻止 センサーライト

光で防犯効果を得ることが出来るアイテムと言えば、センサーライトです。
センサーに反応をして光がピカッと転倒し、暗がりの犯人を映し出すことが期待できます。
センサーライトが付くことで誰か来たことが一目瞭然となり、慌てて逃げ出す犯人も少なくありません。

そんなセンサーライトですが、いくつか種類があります。
乾電池式で動くタイプのセンサーライト、ソーラーパネルで太陽光発電をすることが出来るセンサーライト、コンセントに繋いで利用するタイプのセンサーライトです。
どのタイプにもそれぞれ長所と短所がありますが、利用をしやすいタイプ、設置をしやすいタイプを選ぶことで、より防犯効果を高めることが出来るでしょう。

設置場所を間違えると効果が半減

センサーライトには、様々な種類がありますが、いずれのライトも、設置場所を間違えてしまうと、効果が半減してしまいますので注意が必要です。
例えば、動物などにもセンサーが頻繁に反応してしまいそうな、地面の方にセンサーを向けたり、人が行きかう道路に向けると、常にライトが点灯してしまいます。
そうなってしまってはもはやただの電球ですので、ライトの設置場所、設置向きを考えて設置しましょう。

また、ライトの種類によって、設置場所を変えることも大切です。
例えば、コンセントをつなぐタイプのセンサーライトは、コンセントのケーブルが邪魔になることもありますので、比較的電源に近い場所、邪魔にならない場所に設置をしましょう。
そして、ソーラーパネルの場合は、太陽が当たる所でないと、せっかくの長所を生かすことが出来ませんので、太陽光を得ることが出来る場所に設置をすることが大切です。

ライトの特性も理解して、設置をしましょう

センサーライトは種類によって、設置をするべき場所、適切な場所が異なります。
設置する場所を間違えるとセンサーライトの効果を得ることが出来ず、稼働してほしい時に稼働をしません。

設置をするべき代表的な場所は、泥棒の侵入が多い玄関、ベランダ、窓、勝手口などがあげられます。
いずれの場所も、様々な方法で泥棒や不審者が侵入を図る場所ですので、センサーライトを設置しておき、可能であれば音が鳴るアラームなどの導入もおすすめします。

また、車庫などにもセンサーライトを取り付けておくことがおすすめです。
近年、ガレージを狙った空き巣、泥棒は非常に多く、朝気が付いたらバイクが盗まれていたという事態に陥る方も多いようです。
いたずら目的で車庫に侵入をする不届き者もいますので、そうした輩からバイクや車を守るためにも、車庫に一つ取り付けておきましょう。

GRhou7uK