近所の防犯施設をチェックしておく

いざという時どこに逃げるか

一軒家の防犯対策として、空き巣にはいられないようにしっかりと対策を行うことはとても重要ですが、それでも被害にあってしまうということがあるかもしれません。
あってはならないことですが、そのようなことに対しても対策をすることが防犯のためには必要です。
もし、泥棒や空き巣と鉢合わせてしまい、身の危険を感じたとき、あなたならどのように行動しますか?
突然のことでパニックになってしまい、適切な行動がとれなくなってしまうと命に関わりますから、このようなときに「どこに逃げるか」をあらかじめ考えておくといいでしょう。
近所に交番や派出所があれば、そこに逃げ込むのが一番ですが、地域によっては近くに交番がないということもあるかもしれません。
そのような場合には、近所のコンビニや商店に防犯協力のステッカーがないか探してみましょう。
防犯協力のステッカーは「こども安全110番」や「女性とこどもを守る店」などさまざまですが、いずれも犯罪に巻き込まれそうになった人を助ける準備があるという目印になります。
コンビニではとくに多く見かけるものですが、街の床屋さんやスーパーのほか、バスやタクシーなどが協力していることもあります。
いざという時にこれらの場所に逃げ込むことで店舗を通してセキュリティ会社への通報も可能になるので、ひとりで闇雲に逃げるよりは安全性が高いといえるでしょう。
これらの店舗がどこにあるかについては、市町村がマップを公開していることもあるので、一度市のホームページなどを確認してみるのも良いかもしれません。

隣近所との関係も良好にしておくと良い

また、もし侵入してきた泥棒に玄関の出入り口をふさがれてしまった場合にどこから逃げるかも考えておく必要があるかもしれません。
一軒家であれば、バルコニーや庭などを通じて外に出られる可能性は高いですから、日頃からそのような状況を想定してどのような行動をとるか考えておくようにするといいですね。
そして一番の安心材料は、日頃から隣近所とのつきあいをつくり、いざと言うときに助けを求めることのできる関係を築いておくこと。
これは、留守中の空き巣被害を防ぐことにもつながりますし、防犯だけでなく防災面でも高い効果を発揮します。
空き巣被害や強盗などは起きてはならないことですが、それらは現実に毎日全国のどこかで発生しています。
自分が被害に遭わないという保証はどこにもないのです。
だからこそ、万一のときに備えた万全の準備をしておくことがなにより大切なんですよ。

GRhou7uK