静かな家ほど要注意!

あなたの家は大丈夫?

当たり前の話ですが、泥棒が狙っているのは「盗みに入りやすい環境」です。
いくら大きくてお金がありそうな家だって、周囲にコンビニもスーパーも他の家もある様な場所なら盗みに入るのは避けます。
だって、誰がどこから見ているか解らないのです。
特に、周辺にマンションがある場合は、マンションのベランダから人が見ている可能性だってあります。
ベランダに出ていなくたって、家の中からこちらを見ているかもしれない・・・そんな場所にわざわざ侵入しようと思いますか?
泥棒にとっては、「お金がありそうな家」であることも大事ですが、同じくらい「侵入しやすい家」であることも大切。
お金がありそうだからって、無理な侵入をすればたちまち捕まってしまいます。
それなら、他の「人に見つからない可能性が高い家」をターゲットにして当たり前でしょう。
だって、捕まってしまったら元も子もありませんからね。

それを考えれば、「あまり人通りがない」「家の存在が気づかれにくい」という家こそ危ないでしょう。
この様な家に住んでいる人は、何かしらの防犯対策が必要です。
一度、自宅の周辺環境を確認してみて下さい。
自分の家から見える位置に他の家がありますか?
近くに道路がありますか?
その道路は人や車が行き交う道路でしょうか。
道から見て、自分の家のが見えますか?
木や塀に隠れて家が見えない・・・などということはありませんか?
もしもあるなら、できる範囲でもいいので改善していきましょう。

客観的に観察して対策を練ろう

泥棒の入りやすさを調べるには、自分の家を客観的に見なくてはなりません。
いつも住んでいる家だと、その環境が当たり前になってしまうので、「危ない」という意識が低下していくものです。
だけど、そういう隙をついて泥棒はやってきます。
塀が高ければ、外から中を覗かれる心配がなくて安全でしょう。
周辺に住宅がないというのは、静かで生活がしやすいかもしれません。
だけど、これが「泥棒にとって格好の条件である」ということを忘れてはいけないのです。
ふとしたところをついてくるのが泥棒なのですから。

また、周辺環境を知ることはとても大切。
人通りが少なくても、隣に家があるなど「人が他にもいる」ということが第三者に伝われば良いですが、周辺に住宅もない場合は、本当に危機感を持って生活をしなくてはなりません。
周辺に他の家がないということは、自分以外の誰かが近くを通る可能性がグンと低くなることになります。
人が来ないということは、見られる心配が減るということになりますので、よりいっそうの管理強化をしていきましょう。
できる対策を少しずつ施しておくことが重要になります。
玄関には鍵を二つつけるなどのことは非常に有効な手段です。
玄関に鍵が二つあるだけでも牽制になりますので、一度鍵を増やすことを検討してみてもいいかもしれません。
もちろん、二つの鍵の種類は別物である必要がありますので、どんなものが良いかを一度業者と検討してみてください。

GRhou7uK