一戸建ての防犯対策

アパートと一軒家、どっちが狙われやすい?

マンションやアパートと異なり、一戸建てのセキュリティは非常に難しく、やりにくいというのが現状なのをご存知でしょうか。
マンションやアパートは、同じ階に色々な人が住んでいますので、盗みに入るのであれば「その階に住むひと全員が留守である」ということを確認しなくてはなりません。
そうしないと、いつ何時部屋から人が出てくるか解らないからです。

「ドアから入らず、窓から入ればいいじゃない」と考える人がいるかもしれません。
実際、泥棒の多くは窓から侵入するケースが非常に多いと聞いています。
でも、すぐ隣に人が住んでいる空間で窓から侵入したいと思いますか?
カーテンをつけていたって、ベランダに侵入していく様子をみられないとは限りません。
ガラスを割ったら、その音を聞きつけて誰かが不審に思うかもしれません。
この様なことを考えると、マンションもしくはアパートへの侵入は非常に難しいことなのです。
家に鍵がかかっていなければ侵入は楽でしょうが、鍵がかかっていない部屋をひとつずつ探していくのは至難の業でしょう。
分譲住宅だと、24時間セキュリティシステムを導入して防犯対策をしているところがほとんどなので、侵入する家を探すのはますます難しいことになってしまいます。

少し工夫をするだけで大きく変わる

こういうことを考えると、空き巣の方でも「一戸建ての方が良い」ということになってきます。
一戸建てでもホームセキュリティを導入している家はたくさんありますが、していない家もたくさんあるはず。
塀の高い家なら、中に侵入してしまえば外から見えることもありません。
塀が低くても、庭の木などが多い場合はそこに隠れることも可能です。
こういう隙がある家では、窓を破って堂々と侵入する泥棒がとても多いのです。

この様な泥棒の侵入を防ぐ為には、「上れる高さの塀は作らないこと」「高い木はなるべく庭に植えないこと」が効果的。
高い木があったとしても、数本のみで庭全体の見通しが良ければ、隠れることができないので空き巣も侵入をためらいます。
これらは本当にちょっとした工夫です。
だけど、この「ちょっとした工夫」が結構重要なのですね。

家の近くに足場代わり使うことができる様なものは置かないことも大事です。
普段何気なくおいてあるハシゴや踏み台が、犯罪の道具として使われてしまうことだってあります。
特に、ハシゴは使用することで高い部屋への侵入を許す可能性も出てきますので、外から見えない場所に隠しておきましょう。
できれば、庭周辺には置かないといった工夫をしておいた方が良いでしょう。
ハシゴは、実際に犯罪に使われた例も報告されています。

また基本的なことですが、そもそも治安の悪い地域に家を買わない、というのも大切です。
ホームセキュリティを導入している家ばかりの住宅街と、築年数が古い家が並ぶ住宅街ですと、後者の方が侵入しやすい家を探しやすいため泥棒から好まれます。
参考:新築一戸建てを探す|世田谷の不動産ならスミカ・クリエイト

防犯対策というのは、必ずしも大金をかけて行うものではありません。
もちろん、お金をかければ強力な防犯対策ができますが、日常生活の中で小さな工夫をすることで、防ぐことができる犯罪だってたくさんあるはず。
お金をかけずとも、小さなところまで見回して「犯罪につながる材料を少なくしていくこと」が対策なのです。

GRhou7uK